つらい症状は早めに治そう、早期発見早期治療ガイド

無呼吸の恐ろしさ

病院で働く

治療費の平均価格について

無呼吸症候群とは睡眠時に起こる症状であり、睡眠時無呼吸症候群と呼ばれています。眠っている間に一定の時間呼吸が止まってしまうのですが、寝ているため本人は気づきにくいのです。 寝ているときに呼吸が止まってしまうため、その間は酸素が身体中に行き渡らなくなっています。そのため寝ても寝ても体がだるかったあり、眠気が抜けないなどの症状が出てしまうのです。また将来的には脳卒中などの生活習慣病を引き起こしてしまう可能性が高くなってしまうのです。 しかし睡眠時無呼吸症候群は治療することによって改善することができます。無呼吸症候群の場合には保険内で治療を受けることができるため、簡易的な検査であれば平均3,000円ほど、治療費も月5,000円ほどが相場となり比較的利用しやすくなっています。

無呼吸症候群の特徴について

睡眠時無呼吸症候群の特徴についてですが、一晩で30回以上呼吸が止まるようであれば無呼吸症候群になります。いつも大きないびきをかき、いびきが一瞬とまります。この時無呼吸となっておりその後また大きないびきをかいて呼吸し始めるのです。 無呼吸症候群は太っている方がなりやすいと思われていますが、痩せている方やまた女性の方でも症状が出る人が多いのです。下顎が小さかったり、首が短い人などもなりやすい傾向にあります。 しっかりと睡眠をとっているのにいつも眠くて体がだるい場合には無呼吸症候群の疑いがあります。同居している家族などが入れば症状はわかりやすいのですが、一人暮らしの場合はなかなか気づきにくいこともあります。